箕面市の内科・循環器内科・消化器内科『さくら通り循環器消化器内科』です。風邪、発熱、頭痛、腹痛などの一般内科、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病、胃カメラ、大腸カメラなど、検査・治療・説明を一貫して責任をもって行います。

糖尿病内科

糖尿病って?

糖尿病イメージ

糖尿病は年々患者さんの数は増え続けていて、全世界では4億人、日本でも300万人をはるかに超えています。

糖尿病は血中のグルコース(血糖値)が高い状態が続くことで起こります。

血糖値が高い状態が続くと動脈の内皮細胞を傷害することで動脈硬化が起こりいろんな病気の原因となります。

糖尿病の種類

糖尿病の種類イメージ

I型糖尿病

血糖値を下げるのは主にインスリンというホルモンが働くのですが、インスリンは膵臓のβ細胞から分泌されます。

感染症をきっかけとしたり、膵臓の病気、遺伝性などが原因でβ細胞が壊れたり働かなくなるとインスリンが分泌されなくなり、I型糖尿病となります。

治療は基本的にインスリンを用いることになります。

II型糖尿病

生活習慣に遺伝的素因が重なり発症する糖尿病です。生活習慣の改善、内服薬、注射薬、インスリンなどでの治療となります。

糖尿病の症状・合併症

糖尿病の症状は、無症状がほとんどです。

血糖値があまりに高いと、口渇感や体重の急激な増減などがあります。

糖尿病の三大合併症に「①糖尿病性網膜症 ②糖尿病性腎症 ③糖尿病性神経障害」があり、糖尿病は現在失明、透析の原因疾患の第一位です。

そのほかにも動脈硬化が起こることで、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、脳卒中、認知症の原因となります。

糖尿病の治療

糖尿病の治療イメージ

糖尿病はまずは合併症の評価が重要です。

網膜症、腎症、動脈硬化、虚血性心疾患の検査を行います。

特に糖尿病の患者さんは神経障害のため狭心症でも無症状の場合があり、それを知らないまま運動療法を行うと、かえって心筋梗塞になりかねません。

当院では運動負荷心電図を行うことで、適切な運動療法がおこなえるかを検査します。

治療は生活習慣の改善が第一ですが、それでも治療目標が達成できない場合、適切な薬剤による治療が必要になります。

糖尿病の治療薬は様々な種類のものがあり、種類の選択、服用量、服用のタイミング、注射薬が必要か、インスリンが必要かなど細かな治療が必要になります。

糖尿病は治療の結果が血液検査に反映されます。よくなって来れば、薬を減らしたり、薬をやめることも可能です。

当院では、院内での血液検査により結果を当日把握可能なため、きめ細やかな評価を行うことで、その人その人に適切な治療を行い、薬もなるべく少なく、可能なら薬なしでの治療を目標にしています。

通常診察

診療時間
 9:00~12:30
16:30~20:00※

※:受付終了 19:30
●:竹内医師/赤木医師★:竹内医師のみ  ☆:赤木医師のみ
○:14:00~17:00

内視鏡検査

診療時間
 9:00~16:00

・内視鏡検査は予約制です。
・内視鏡検査は赤木医師が担当いたします。

休診日日曜、祝日

予約無しで受診いただけます

072-725-6131
FAX.072-725-6132

〒562-0046 大阪府箕面市桜ケ丘3丁目9-19

阪急箕面線『桜井』駅から 徒歩約14分
阪急箕面線『牧落』駅から 徒歩約13分
阪急バス『千里中央』から『桜ヶ丘』まで 約20分
阪急バス『桜ヶ丘』から 徒歩約2分
オレンジゆずるバス『桜ヶ丘』から 徒歩約2分
阪急バス『桜ヶ丘西』から 徒歩約4分

入居建物敷地内に駐車場
隣接キリン堂屋上駐車場27台利用可

PAGETOP
Copyright © 2021 さくら通り循環器消化器内科 All Rights Reserved.